脂肪溶解注射で叶える部分痩せ|太る原因をなくしてくれる

女の人

美脚になれる整形

脚

脂肪吸引手術のリスク

美容外科クリニックの美容整形で足痩せをするには、「脂肪吸引手術」や「脂肪溶解注射」、「ボツリヌストキシン注射」などがあります。それぞれの手術でメリットとデメリットがあるので、よく特徴を理解してから美容整形を受けることが大切です。リスクが一番高い足痩せの美容整形が、脂肪吸引手術です。太ももについた無駄なぜい肉を一度に落とすことができますが、急激に細くすることで脂肪が凸凹になったり、皮膚が余ってたるんでしまうこともあります。足痩せの脂肪吸引手術をしたら、しばらくは腫れを防ぐためにサポーターを巻いておく必要があります。手術後は激しい運動を避けて、定期的に通院して超音波治療などをすれば、皮膚のたるみを軽減できます。

プチ整形で出来る

切らないプチ整形で足痩せできるのが、脂肪溶解注射やボツリヌストキシン注射などの注入系です。脂肪溶解注射は脂肪細胞を溶解する働きのある薬液を数週間置きに注入し、足を細くしていくプチ整形です。薬液で溶かされた脂肪は、一週間後くらいに尿と一緒に体外に排出されます。何回か注入を繰り返すと、徐々に足が細くなっていきます。ボツリヌストキシン注射はふくらはぎ痩せに効果的です。ボツリヌス菌には、ふくらはぎについた筋肉を細くする効果があります。しわ取りなどにも使用されていて、プチ整形の定番ともいえる注射です。足痩せの効果は3ヵ月〜半年ほどしか持ちませんが、皮膚を切る美容整形手術に抵抗がある人におすすめの施術です。